7億円が自身のものに変わるなんて

7億円当たったら、、、ひと度3億円・1億円・2億円・1億円と区分け。

素晴らしい(?)実妹が自宅の借入れを持ち合わせるので、1億円を太っ腹の自身は貸し送る。エッ「挙げる」んじゃないのかって?そういった甘いことは言わない。貸すだけ。しかし金利は取らない。タダ流用ってヒトですな。いやぁ、自身くん極楽!

次に援助になりっぱなしの父兄に2億。とっくにね、年代も年代だし、貸すなんてことは言わない。あげましょう。受け渡しですよ。税金増えるのかな?

次に、1億円をいまいち近寄ってこなかった不安のおっきいファンドに注ぎ込む。FXなり、器具協定なりのリスキー/ハイリターンなファンドね。全て負けてしまっても、それはそっち、自分にはそちらの才覚が無かったと言うことで諦めましょう。けれども、利益が出たら再ファンドには使わずに、欲しいものを貰う。物にする。最初から買えばいいじゃんって思うでしょ。それは違う。最初から貰うのは浪漫が無い。儲かったら貰う。物は自分の手で稼ぎ出した単価で貰う。そこに浪漫があるわけですよ。

最後に残る大台の3億。コレはね、もう一度無難にメッチャ無難に、老後の備蓄にしますよ。3億じゃ足りない。そんなにかもしれないけど、7億の内方3億は自分の老後にファンドですよ。ここはね、浪漫じゃなく状態。リアルな状態。

どうですか。ホントに身に7億くれませんかねwネットカフェのバイトで評判の良い求人