7億円が俺のものに罹るなんて

7億円当たったら、、、前もって3億円・1億円・2億円・1億円と分類。

良い(?)実妹がマイホームの貸し付けを抱えるので、1億円を太っ腹の己は貸し授ける。エッ「引き上げる」んじゃないのかって?あんな甘いことは言わない。貸すだけ。但し利子は取らない。無償貸付って輩ですな。いやぁ、己君極楽!

次にお世話になりっぱなしの父兄に2億。更にね、世代も世代だし、貸すなんてことは言わない。あげましょう。お受け取りですよ。タックス加わるのかな?

次に、1億円をよく近寄ってこなかった懸念の大きい操作に注ぎ込む。FXなり、アクセサリービジネスなりの危険/ハイリターンな操作ね。全額負けてしまっても、それはこれ、自分にはそっちの才覚が無かったと言うことで諦めましょう。けれども、利益が出たら再操作には使わずに、欲しいものを貰う。物にする。最初から買えばいいじゃんって思うでしょ。それは違う。最初から貰うのは浪漫が薄い。儲かったら貰う。物は自分の手で稼ぎ出したプライスで貰う。そこに浪漫があるわけですよ。

最後に残る大台の3億。コレはね、すでに無難にメッチャ無難に、老後の貯金に行なうよ。3億じゃ足りない。それほどかもしれないけど、7億の一つ3億は自分の老後に操作ですよ。コチラはね、浪漫じゃなく真実。リアルな真実。

どうですか。ホントにわたくしに7億くれませんかねw現金 即日